DRMについてまとめてみました。

WMVが再生できない!

購入した動画やダウンロードしたwmvファイルやasfファイルを再生しようとしたら再生できなくなっていた!

以前は普通に再生できていなのになぜでしょうか?気になって動画のプロパティを開いてみると「保護」の箇所が「はい」になっていました。

実はこの動画にDRMという著作権保護プログラムがかかっている動画のようです。なので、恐らくファイルを開くことができる条件を満たすことができなくなってしまったので、再生ができなくなったようです。





まずは、DRMについて…

デジタル著作権管理(デジタルちょさくけんかんり、Digital Rights Management、DRM)とは、電子機器上のコンテンツ(映画や音楽、小説など)の無制限な利用を防ぐための技術の総称。(wikiより引用)


つまり再生するにはコンテンツ配信側が科す条件を満たさないとファイルを開くことができず、再生できないということですね。


ちなみに主なDRMの制限ですが…

  • ライセンスがないとファイルを開けない
  • 視聴期限が決まっている
  • 変換やメディアでの書き込みができない
  • 許可された端末以外ではファイルを開けない

再生しようとした動画にはDRMがかかっていて視聴期限が過ぎてしまっていたようですね。


また、このDRMですが、解除することは現在の法律では違法になっています。


法律改正について

2012年10月1日の著作権法の改正により、“技術的保護手段の回避”が違法になりました。

つまり、私的利用の範囲内でもDRMの解除やCD・DVDのリッピングも違法です。

ただし、刑事罰はありませんが、著作者の申し立てによって民事責任を取られることになり、差止請求・損害賠償請求を受ける可能性があります。

また、過去の行為には現在の法律は影響は及ばないので、
今までDRM解除し、複製してきたものに関しては適用外になるようです。

そこでムービーグラバーというソフトを使ってデジタル録画する方法を使います。




ムービーグラバーって?

ムービーグラバー

ムービーグラバーはDRMで保護されたwmvファイルをデジタル録画することによってファイルを保存するソフトです。デジタル録画という方法を使って保存するため、DRMを解除することなく保存することができます。

※ただし、利用は私的利用の範囲内のみとなります。保存した著作物を第3者に配布すると法律に触れる恐れがあります。





デジタル録画とは?

CUDA対応で従来の1/3の圧縮率一般的なキャプチャ録画ソフトと異なり、グラフィックカードのビデオメモリに直接アクセスすることによって劣化を少ない状態で全フレームを保存します。


そのため、高画質に映像を保存することができ、かつ、バックグラウンドでの動作を実現しました。

つまり、キャプチャソフトのように常に録画対象を前画面表示する必要がありません。

ムービーグラバー高画質録画


さらに便利な機能も多数搭載しています。

ムービーグラバーの多数の機能


今すぐ購入する

このページの先頭へ