DRMについてまとめてみました。

WMVが再生できない!

購入した動画やダウンロードしたwmvファイルやasfファイルを再生しようとしたら再生できなくなっていた!以前は普通に再生できていなのになぜでしょうか?

気になって動画のプロパティを開いてみると「保護」の箇所が「はい」になっていました。

実はこの動画にDRMという著作権保護プログラムがかかっている動画のようです。なので、恐らくファイルを開くことができる条件を満たすことができなくなってしまったので、再生ができなくなったようです。

まずは、DRMについて…

デジタル著作権管理(デジタルちょさくけんかんり、Digital Rights Management、DRM)とは、電子機器上のコンテンツ(映画や音楽、小説など)の無制限な利用を防ぐための技術の総称。(wikiより引用)

つまり再生するにはコンテンツ配信側が科す条件を満たさないとファイルを開くことができず、再生できないということですね。

ちなみに主なDRMの制限ですが…
  • ライセンスがないとファイルを開けない
  • 視聴期限が決まっている
  • 変換やメディアでの書き込みができない
  • 許可された端末以外ではファイルを開けない
再生しようとした動画にはDRMがかかっていて視聴期限が過ぎてしまっていたようですね。

また、このDRMですが、解除することは現在の法律では違法になっています。

法律改正について

2012年の法律改正によって私的利用の範囲内でもDRMを解除することが違法になりました。

ではどうやってDRM保護された動画を保存するのか?

解除する方法はネットで検索すると出てくるようですが、どれも古い情報なので、できるかどうかは分かりませんし、やってはいけないことなのは、先ほど説明した通りです。

そこでムービーグラバーというソフトを使ってデジタル録画する方法を使います。

ムービーグラバーって?

ムービーグラバーはDRMで保護されたwmvファイルをデジタル録画することによってファイルを保存するソフトです。DRMを解除せずに保存するので、法律に抵触すること無く安全に保存することができます。

※ただし、利用は私的利用の範囲内のみとなります。保存した著作物を第3者に配布すると法律に触れる恐れがあります。

デジタル録画について

ビデオメモリの動画情報をそのまま保存するので、バックグラウンドでの動作も可能。
高画質に保存することができます。


今すぐ購入する

このページの先頭へ